main content
中国東方航空について

発行日   Friday, September 2, 2016

中国東方航空について

上海に本社を置く中国東方航空集団公司(CEAH)は、中国の3大航空会社グループのうちの1つで、1957年1月に設立された旧民用航空局上海管理局の飛行中隊を前身としています。幾度とない構造調整や合併を経て、CEAHは航空輸送および航空貨物を主軸とした総合サービスを展開し、主要航空業界の仲間入りを果たしました。このほか、航空関連不動産、航空ファイナンス、広告メディア、免税、機内食ケータリング、貿易と物流、ジェネラルアビエーション、産業投資などの幅広い事業を展開しています。 
CEAHの主幹事業である中国東方航空(CEA)は、1997年に中国の航空会社として初めてニューヨーク、香港、上海の株式市場に上場しました。現在、世界の主要航空会社の中でも最も機体年齢の若い航空機の1つとされる、製造5年半未満の航空機600機超を運航しています。スカイチームアライアンスの加盟航空会社であるCEAは、世界各地に1億人以上の利用者がおり、世界第7位の利用者数を誇ります。航空ネットワークを通じ、CEAは今や177か国、1,052の目的地へ就航しています。イースタンマイルズのマイレージプログラムでは、スカイチームの加盟航空会社20社が運営する世界672ヵ所のラウンジをご利用いただけます。
国民の福祉と生活、経済および社会発展、刷新と開拓に寄与するべく、CEAHは「国益、経済的利益、社会福祉」が調和する開発を常に追求しています。2011年には、「従来の旅客航空会社から最新の総合航空サービスプロバイダーへの転換」という開発ガイドラインを策定しました。また2012年には、チャイナドリームに倣い、チャイナイースタンドリームを打ち立て、CEAHを調和の取れたワールドクラスの航空会社にすることを目指しています。
2009年以降、CEAHは社会に広く認識されるようになり、数々の賞にもノミネートされてきました。中国民用航空局(CAAC)の「Five-Star Flight Safety Award」の受賞に始まり、「中国で最も革新的な企業25社」の受賞やフォーチュン(中国語版)による企業の社会的責任(CSR)のトップ10企業に選ばれてきました。またWPPによる最も価値のある中国ブランド30にも選ばれました。30ブランドのうち、国有企業としてはトップのROE(株主資本利益率)でした。
中国東方航空はこれからも、スタッフの献身、カスタマーロイヤルティ、株主の満足度、大衆の信頼に相応しい、優れた企業として発展することに尽力し、世界各国のお客様に「正確かつ繊細で行き届いた」サービスを提供して参ります。
中国東方航空について | China Eastern Airlines