あなたの位置:ホーム > ご案内 >

旅行の要件

旅行に必要な項目

メモ: このページの情報は参考データとするため時として更新していますが、詳しくは弊社各支店、もしくは各専門機関にご相談下さい。
1.航空券の購入トップ

・お客様は、オンラインで航空券を購入するに当たって、東航の「旅客案内」及び中国民用航空総局公布の関連規定に従いながら、購入の内容に責任を持って航空券をご購入ください。

・購入者は、政府主管部門制定の民用航空便搭乗に必要な有効身分証明書についての規定に厳格に順守しなければなりません。搭乗者の氏名と身分証明書の氏名との不一致や身分証明書の有効性に問題があったことで生じうる結果について、購入者ご自身の責任になります。

・購入者は、オンラインで航空券を購入するとき、搭乗者の個人情報と連絡方法を正確に記入する必要があります。情報の誤りや不備によって生じた購入後の経済損失は航空券購入者の自己負担になります。

・購入者は、客席を予約してから30分以内に購入確定手続き(オンラインでの支払い)を完了させる必要があります。システムによって航空券番号が生成されたことは支払が成功したことを意味します。「オーダー管理」でご確認ください。30分過ぎた後の支払いは無効になりますので、予約した客席は自動的にキャンセルされます。 

・特別(航空券料金)旅客(VIP顧客、患者と怪我人、障害者、担架旅客、革命障害者と警察、妊婦、同伴者なしの老人と児童、学生チケット、教師チケット、年寄チケットなど)及び特別サービス(特別食事、客席の予定、車いすのお客様など)が必要な旅客は、東航直属販売店に直接ご連絡の上、航空券予約と特別サービスの申し込みを行ってください。不明な点については、東航お客様サービスに電話でお問い合わせください。これらの特別(料金)航空券及び特別サービスについて、オンラインでの購入や申し込みは当面できません。

2.搭乗手続きトップ

・航空便の遅延を避けるために、搭乗手続きは通常、国際線では離陸の2時間前から開始し、45分前で終了します。国内線では離陸90分前から開始し、30分前で終了します。各地の空港内条件の相違によって、終了時間に多少異なることがありますので、当地の空港に事前確認をしたうえ、規定の時間内で搭乗手続きを行ってください。

・オンラインで航空券を購入した搭乗者は、購入の際に使用した有効旅行身分証明書を持って、上記時間内で空港のチェックインカウンターで搭乗手続きを行ってください。

3.行程表(領収書)についてトップ

・「航空運輸電子航空券行程表」(以下「行程表」という)はお客様が電子航空券を購入したときの精算領収書となります。

・オンラインで航空券を購入したお客様は、全行程の旅行が完了した後7日以内に、有効な旅行身分証明書を持って一部の空港または東航直属チケット販売店で電子航空券行程表を受け取ってください。

・行程表の出力は一回しかできません。行程表は空港での搭乗手続きと安全検査に必要なものではありません。

・印刷された行程表をお持ちのお客様がサービスを変更したいとき、行程表の提出が必要です。航空券の払い戻しをしたいとき、行程表を返還しなくてはなりません。行程表の印刷場所(例えば空港のサービス窓口)または東航直属の販売店に返還するか、東航本部(住所:上海市虹橋空港三路92号東航市場販売部収入決済部、ITINERARY宛。郵便番号200335)までご郵送ください。

・行程表をなくしても、飛行機への搭乗には支障がありません。有効な旅行証明書だけで搭乗手続きを行うことができます。行程表の再発行はできません。

4.航空券の変更トップ

・航空券の変更とは、離陸日、離陸時間、客席クラスの変更をいう。
・変更可能な航空券については、変更後の便に同クラスの客席がないとき、そのクラスより高いクラスの客席に変更できますが、クラス料金の差額を支払っていただきます。クラス料金の差額と搭乗日変更の料金が同時発生の場合、高いほうの料金を支払っていただくことになります。
・オンラインで国内線航空券を購入したお客様は、オンラインで上記の変更を行うことが可能です。
・オンラインで国際線航空券を購入したお客様は、オンラインで上記の変更を行うことが当面できません。
・東航お客様サービス電話(0081-33506-1166)では電子航空券を購入したお客様の航空券変更を受け付けています。また、東航各地直属販売窓口または空港東航窓口でも関連業務を受け付けています。

5.確定した航空券の搭乗者身分証明書番号の変更トップ

・オンラインで航空券の購入を確定した後、ご提示いただいた身分証明書番号の変更ができません。「旅客情報の入力」で細心の注意を払って搭乗者の身分証明書番号をご入力ください。
・オンラインで航空券の購入を確定した後、入力した身分証明書番号が搭乗時の身分証明書番号と違うことに気付いた場合、購入した航空券を無効にし、オンラインで払い戻しの申し込みを行い、改めて航空券を購入する以外方法がありません。東航はお客様の払い戻しについての申し込みをご自身の意思による自主払い戻しと見なします。

6.確定した航空券の搭乗者氏名の変更トップ

・オンラインで航空券の購入を確定した後、ご提示いただいた搭乗者氏名の変更ができません。「旅客情報の入力」で細心の注意を払って搭乗者氏名をご入力ください。

・国内線航空券の搭乗者氏名にシステムが識別できない漢字があった場合、「旅客氏名」の欄に識別不能の漢字の代わりにピンインで入力しておいてください(例えば、「李喆」を「李ZHE」と入力、「李喆一」を「李ZHEYI」と入力)。但し、搭乗手続きを行うに先立ち、空港東航窓口の受付に必要な処理作業をさせてください。

7.クラスの変更トップ

オンラインで航空券の購入を確定した後、客席クラスのダウンをご希望の場合(例えば、ファーストクラスをエコノミーに変更)、購入した航空券を無効にし、オンラインで払い戻しの申し込みを行い、改めて航空券を購入する以外方法がありません。東航はお客様の払い戻しについての申し込みをご自身の意思による自主払い戻しと見なします。

8.航空券の払い戻しトップ

方式:オンラインで払い戻しの申し込みができます。東航は申し込み日から22営業日以内に料金をお客様が購入時ご使用の銀行口座に振り込みます。22営業日が過ぎても料金が振り込まれていない場合、東航お客様サービス電話 0081-33506-1166 にお問い合わせください。

9.払い戻し用語トップ

・航空券の払い戻しとは、お客様は航空券を購入した後、ご自身の原因、東航の原因または天候などの原因で、有効期間内において全行程または一部の行程を利用していないため、航空券の全部または一部の料金及び関連燃料付加費用と空港建設費の払い戻しを要求することをいう。
・航空券の自主払い戻しとは、お客様ご自身の原因で、有効期間内において全行程または一部の行程を利用していないため、お客様が航空券の払い戻しをすることをいう。
・航空券の非自主払い戻しとは、航空会社またはその他不可抗力の原因で、正常な運航ができないため、お客様が航空券の払い戻しをすることをいう。
・払い戻しの時間制限
定期航空券なら、出発日より13カ月以内に、不定期航空券なら、航空券の購入が確定した日から13カ月以内に申し込まなければなりません。
・払い戻しの手数料
1)国内線航空券の自主払い戻し
ファースト/ビジネス/エコノミー(F/C/Y):免除
成人普通航空券(F/C/Y)の50%の料金の児童航空券:免除
成人普通航空券(F/C/Y)の10%の料金の乳幼児航空券:免除
B/E/H客席:5%の料金を手数料として徴収
L/M/N客席:10%の料金を手数料として徴収
R/S客席:20%の料金を手数料として徴収
V/T/W客席:50%の料金を手数料として徴収
X客席(前売り客席):80%の料金を手数料として徴収
その他の客席の手数料は価格公告及び航空券の制限条件によって処理
以上の手数料が50元未満の場合、最低手数料50元とします。
2)地区及び国際線航空券の自主払い戻しについて
手数料はサイトで表示されている詳細情報 ―「払い戻し規則」に従います。
払い戻し料金は、一部の行程が利用済みの場合、購入料金から利用済み行程の東航運航路線部分のその季節、客席の片道または往復の販売料金と手数料を差し引いた後の金額。当該客席に片道価格がない場合、最低の適用できる片道価格を差し引きます。
3)航空券の非自主払い戻し
手数料は免除とします。
4)病気のための航空券払い戻し
お客様は、医療機関の診断によって健康上の原因で飛行機への搭乗ができないため払い戻しを要求した場合、自主払い戻しと見なします。医療機関の診断書、診断記録及び費用領収書を持って払い戻しの手続きを行ってください。手数料は免除とします。但し、「払い戻し不可」の航空券の場合、利用していない行程の部分の税金のみが払い戻しの対象となります。
5)行程表の順序で利用していない航空券の払い戻し
航空券は行程表に規定される順序で利用するのが原則です。順序どおり使用していない航空券は自主払い戻しと見なします。購入価格から使用済み部分の普通料金(F/C/Y)を差し引いた後も残金がある場合、残金と使用していない部分の税金もお客様に返却します。手数料は使用していない部分に該当する手数料とします。

10.払い戻し証明書の発行トップ

お客様は、払い戻し料金を受け取った後、有効な旅行身分証明書を持って、東航各地直属チケット販売店または空港の東航窓口で東航発行の払い戻し証明書を受け取ってください。代理人による受取の場合、代理人有効身分証明書、搭乗者の委託書と旅行身分証明書のコピーが必要です。払い戻し証明書の発行は一回のみです。

11.航空券の真偽確認トップ

東航電子航空券を購入したお客様は、東航公式サイトの航空券確認画面にアクセス、航空券番号及び搭乗者氏名を入力することで、購入した航空券の真偽及び行程序列番号を確認することができます。

中国東方航空股分有限公司は本案内の最終解釈権を持っています。