あなたの位置:ホーム > ご案内 > 特別なリクエスト >

健康及び医療関連のご案内

健康及び医療関連のご案内

以下ではご病気のお客様の飛行適性を判断するための医師用参照情報です。

機内の状態:

• 飛行機はシーリングされターボ過給されたキャビンを装備しています。キャビン内気圧は高度2,300m(7,000ft)の大気圧に等しく調整されています。このためキャビン内で空気が膨張すると若干の酸欠状態が発生し得ます。
• 飛行中は軽度の乱気流や振動は発生し得ます。
次の状態のお客様は空の旅には適しません:
• 深刻または危険状態にある心臓病患者。例えば:重大な心不全。チアノーゼ病症または心筋梗塞のある患者(飛行前の6週間以内に心筋梗塞が発生した患者を含む)。
• 生後14日以内の乳幼児。
• 妊婦。妊娠期間が36週間以上経過している場合。(32~35週の妊婦は搭乗前72時間以内に医師が署名した診断証明書を呈示しなければなりません。)
• ヘモグロビン濃度が50%以下(Hb8g/dl)の貧血症患者。
• 耳管閉塞症状を伴う重大な中耳炎患者。
• 縦隔腫大、 上部大腸脱腸肥大または腸閉塞患者。頭部を負傷者、 頭蓋内圧亢進、 頭蓋骨骨折患者。最近下顎骨骨折が発生し、金属ワイヤを内蔵された患者。
• 薬またはアルコールを摂取した旅客。精神障害者。他者を損傷したり自傷行為傾向のある方。
• 最近手術を受け、傷口が完全に治癒していない患者。搭乗前2週間以内に外科的手術により出産した方。
• 脊椎灰質炎症を30日以内に発症した患者。
以下の伝染性または感染性疾病の患者:
• コレラ、チフス、パラチフス、 発疹チフス、 赤痢、 天然痘、 猩紅熱、 ジフテリア、 ペスト、 流行性脳炎、 髄膜炎、 伝染性結核、及び、その他、伝染病。
• 伝染性創傷がある、または、重大な皮膚病患者。
• 重大な喀血、 吐血、 嘔吐症状のある患者。

上記の情報を参照していただき、詳細については弊社最寄支店または出発空港までお問合せください。