ご利用規約

1. 座席予約トップ

ご搭乗には航空券が必要です。オープンの航空券は座席を予約してからはじめて使用することができます。座席を予約したお客様は規定の時間内で航空券を購入する必要があります。時間内に航空券を購入しないと、予約が取り消されることになります。

2. 航空券購入トップ

航空券をご購入の際、ご本人身分を証する有効な書類(身分証明書、パスポート、ビザなど)をご提出いただく必要があります。またご病気のお客様は総合病院から飛行機搭乗に支障がない旨の診断証をご提示ください。ご病気のお客様の搭乗についての詳しい情報は、「運輸条件」をご覧ください。

3. 航空券トップ

航空券はパスポートに表記されている名前でご本人にしか利用できません。他人への譲渡や修正をした場合、無効となり払戻しもできません。普通航空券の有効期間は旅行開始日より一年です。未使用の場合は、航空券発券日より一年となります。ディスカウント航空券の有効期間は適用ルールにより異なります。また航空券は記載されている路線に従って出発地から順次使用しなければなりません。

4. 電子航空券トップ

中国東方航空各支店や旅行代理店、または弊社オンラインサイトで電子航空券をご購入することができます。ご購入の際やチェックインの際に、有効な旅行証明書を提出する必要があります。「航空券日程表」は航空券の情報を記載している控えであり、空港にて搭乗手続きや安全検査を行う際の必須書類ではありません。

5. 幼児航空券、乳幼児航空券トップ

2歳以上、12歳未満のお子様は、小児航空券が必要となります。2歳未満の幼児のお子様は幼児航空券が必要ですが、座席のご利用はでません。座席をご利用ご希望の場合は小児航空券をご購入ください。詳細については各支店窓口にお問い合わせください。大人のお客様1名に対し、同行できる12歳未満のお子様(小児と幼児を含む)は2名様までとなります。同行する幼児が1名を超えた場合、もう1人の幼児は小児用航空券を購入する必要があります。

6. 航空券遺失トップ

現在航空券は電子航空券となっております。航空券控えを紛失されても発券元または各支店で再度発行することができます。

7. 航空券の払い戻しトップ

航空券の有効期限内で行程の一部または全行程を利用していない場合、航空券の払戻申請ができます。但し、「払い戻しできない」、「NON-REF」または「NON-REFUND」がある航空券の払い戻しができません。ご本人の有効なパスポートと航空券控えをお持ちの上、購入先で払戻手続きを行ってください。お客様ご自身の希望で払戻手続きを行う場合、航空券の種類によって手数料をいただきます。お客様ご自身の都合で行程の途中地点で旅行を中止した場合、残りの部分の代金を払い戻すことはできません。弊社の原因でお客様が予定の航空便または同等クラスで旅行できない場合、航空券の払戻しができます。その際の手数料は免除とします。搭乗手続き後、書類不備などの理由で搭乗できない場合や、政府、運輸機関の関連規定に違反したことで搭乗を拒否された場合、ご本人の希望の場合と同様の規定に従い、払い戻すことができますが手数料はいただくことになります。

8. オーバーブッキングトップ

一部の航空便においてオーバーブッキングを実施することがあります。これにより予定の便で出発することのできないお客様には、その後の一番早い便をアレンジさせていただくと同時に、お客様の具体的な路線及び遅延時間により一定の補償措置を取らせていただきます。

9. 他社便への変更トップトップ

航空券の種類により、中国東方航空をご利用または中国東方航空の航空券をお持ちのお客様は他社航空便へ変更の手続きを行うことができます。但し、弊社と契約を結んでいる航空会社に限ります。お客様がご自身の都合で航空会社の変更を希望される場合、航空券に「航空会社変更不可」、「NON-END」または「NON-ENDORSABLE」がないことが条件となります。これらの文字の表記がなければ、弊社同意の上、航空会社の変更の手続きを行うことができます。

10. 搭乗トップ

航空便の定時出発を保障するため、国際線では出発時刻の2時間前から搭乗手続きが始まり45分前に手続きを終了します。国内線では出発の90分前から搭乗手続きが始まり30分前に手続きを終了します。航空便の遅延を避けるため搭乗手続きの時間内にチェックインカウンターで手続きを行ってください。(*各空港により、搭乗手続きの終了時間が異なります。詳しくは各支店にご確認ください。)

ご注意:飛行機が揺れる場合はお座席にお座りになり、安全ベルトをしっかりとお締めください。安全ベルトを示すランプが消えるまでお座席から離れないでください。またトイレのご使用もお控えください。移動中で揺れが激しく座席に戻れない場合、姿勢を低くして座席下の設備などで体をなるべく固定してください。

11. サービストップ

中国東方航空はお客様のリクエストに応じ、様々なサービスを提供しております。

12. 行程の変更トップ

お客様ご自身の都合で予約済みの座席を使用していないか予約便で出発できない場合、予約されている帰り便の座席が取り消されることになります。あらためて旅行を開始したい場合は座席を予約しなおすことが必要です。

13. 機内持ち込み手荷物トップ

お客様1名に対し、機内に持ち込める手荷物の重さは5キロ以下で、サイズは20×40×55センチ以下となります。

14. 無料受託手荷物トップ

出発地、また目的地により無料受託手荷物の制限が異なります。詳しくは手荷物制限をご確認ください。

15. 無料受託手荷物許容量トップ

国内線の場合、無料受託手荷物は、ファーストクラスでは40キロ以下、ビジネスクラスでは30キロ以下、エコノミークラスでは20キロ以下となります。また幼児には無料手荷物がありません。

国際線は出発地、また目的地により無料受託手荷物の制限が異なります。詳しくは手荷物制限をご確認ください。

16. 手持ちや受託のできない物品トップ

鉄砲類(軍用、警察用器械の主要パーツも含む)、爆発物、刀剣類、可燃性物質、有毒物質、腐食性物質、放射性物質、その他安全を脅かす物品(運行機のメーターなどの正常機能を妨げる恐れのある強い磁気製品、強烈な刺激臭のある物品など)、国家の法律法規に定められている運輸禁止品。旅客及び乗組員の危険品携帯に関する規定については、こちらをクリックしてダウンロードしてください

17. 受託手荷物に入れてはならない物品トップ

外交書簡、証券、貨幣、流通証票、貴重品、壊れやすい物または腐乱しやすい物、その他特別な管理が必要な物品は、受託手荷物に入れてはなりません。

18. 荷物の梱包トップ

受託手荷物はご自身での梱包が必要です。梱包不備の荷物は受託を承れないことがあります。

19. 荷物に対する賠償トップ

受託手荷物の全部または一部が破損、遺失した場合の賠償金額は関連法律法規に準じて対応いたします。

20. 航空便遅延トップ

弊社都合によるフライトの遅延またはキャンセルが生じた場合、状況に応じ食事や宿泊などのサービスを提供します。天候や突発事件、交通規制、安全検査及び旅客など航空会社が原因でない状況でのフライトの遅延またはキャンセルが生じた場合、お乗継便の情報提供や予約、食事、宿泊などのご予約のお手伝いをいたします。但し発生する費用はお客様ご自身の負担となります。

21. 賠償免責トップ

お客様が弊社規定に基づく賠償または保障を受け入れた場合、中国東方航空の責任は免除となります。

22. 賠償責任トップ

人身傷害に対する賠償額は、関連法律に準じます。

23. 累積ポイントによる航空券の交換トップ

詳しくは弊社マイレージ「東方万里行」サイトhttp://www.easternmiles.com/bn/consume/reward.jspにアクセスしてください。

24. 新規定トップ

香港に持ち込めるタバコ、酒の量
飲用酒類
18歳以上の旅客は、摂氏20度の気温で量ったアルコール度数30%を超える飲用酒を1リットルまで香港に持ち込むことができます。但し、お客様ご本人の飲用に限ります。
香港の身分証明書をお持ちのお客様が上記の免税待遇を適用するには、香港から離れて24時間以上経過している必要があります。
タバコ
18歳以上のお客様は、免税で以下のタバコ製品を香港に持ち込むことができます。但し、ご本人の使用に限ります。
タバコ19本、または葉巻1本までとなります。葉巻が1本を超えた場合、総重量が25グラム以下もしくはその他のタバコ製品25グラムまでとなります。