法的事項 情報保護方針

1. 保護に関する規約トップ

東航は製品とサービスを提供するにあたり、お客様のプライバシーを保護します。この規約に従って個人情報を取り扱うと同時に、お客様のプライバシー保護に尽力いたします。

1、お客様は当規約ならびに関連条件と制限を順守する前提で、1つ(1)の口座を開設し、ネットワークサービスを通じて当サイトをアクセスし関連操作を行うことができます。お客様は、ご自分が当該口座に対して行った行為及びお客様の許可でこの口座を利用するほかの人の行為に責任を持っています。

 2、東航は次の方式でお客様の個人情報を利用させていただきます。ユーザ名とパスワード。お客様が当サイトにログインする際の認証に使われます。お客様が登録された後、ご自分の個人情報やサイトの保護される内容にアクセスできます。ユーザ情報。お客様の氏名、連絡先、電子メールアドレスなどが含まれます。お客様の要求に応じ、これらの情報を利用し個性化のサービスをご提供します。電子メール。質問やリクエストの提出またはレスポンスに使われます。また、東航及びその製品とサービスの情報を公布する際や、お客様の当社の製品、サービス及びサイトについてのご意見をいただく際にもご使用されます。

3、当社はお客様の個人情報を保護します。これら情報へのアクセス権限を持っているのは、お客様の指示された処理を完成するに必要な作業を行う作業員に限定します。法律や政府に強制された場合以外、第三者に開示することはありません。

4、東航のサイトは「cookies」機能を使っています。お客様がログインするとき、有用な情報がcookies機能によって保存されています。お客様がブラウザのcookiesを禁止にした場合、東航サイトへのアクセスができますが、航空券の予約など一部の機能が利用できないことがあります。

5、お客様は、ご自分の個人情報の正確性を保つために、氏名、住所、電話番号または電子メールなど全ての情報を随時照会、変更することができます。他人はお客様の情報を修正したり削除したりすることができません。但し、お客様が口座、パスワードを他人に漏らしたことによって、またはハッカーやコンピュータウィルスの侵入などの不可抗力によって齎した個人情報の漏洩、盗用または改ざんなどの情況は除外とします。

6、お客様は、東航の電子メールを予約購読することができます。お客様はこの購読をいつでも自由に取り消すことができます。

本規約の最終更新時間:2008年12月。

2. サイト声明トップ

第1条 当サイトに掲載される全ての情報、画像及び図表は参考用のみです。

第2条 お客様が当サイト掲載の情報を基に経営活動を行なった場合の収益や損失は当サイトとは関係ありません。

第3条 当サイトは公開した情報への公布と利用権を持っています。当サイトによる承認なしの複製、使用、転載または第三者への供与をしてはなりません。

第4条 お客様に詳細かつ正確な個人情報をご提供いただく必要があります。ご提供の情報に不正確な情報が含まれた場合、当サイトはお客様のサービス利用資格を取り消す権利を持っています。お客様の情報は「顧客データ機密保持規定」によって保護されます。法律の要求または利害関係者の同意がない限り、お客様の承認がなしにあらゆる方式での第三者への開示は決してありません。但し、お客様ご自身がパスワードを他人に漏らしたり、他人と登録口座を共有したりする場合、それによって生じられた個人情報の漏洩に関しては、当サイトは一切責任を負いかねます。

第5条 ハッカー攻撃、ウィルス侵入、ハード施設の損壊、政府の管制による一時的利用不能などの不可抗力の影響でサイトの正常運営ができなくなり、個人情報が漏洩、遺失、盗用または改ざんなどの被害を受けた場合、当サイトは一切責任を負いかねます。

第6条 通信線路、ハード故障、システム保守、システムアップグレードまたはその他不可抗力によってサービスを一時停止した場合、その間に起きたお客様の不便や損失には、当サイトは一切責任を負いかねます。

第7条 本声明に記述していない事項に関しては、国家の関連法律と法規を基に処理します。本声明に国家法律と法規への衝突があった場合、国家法律と法規に準じます。

第8条 ログインすることで、または直接もしくは間接に当サイトの資料を利用するお客様は、本声明の内容を受け入れていただいたと見なされます。

第9条 当サイトにはお客様の便利な利用を図るために、第三者サイトへのリンクや参考資料を含むことがあります。これらの情報と見積は当社のパートナーによって独立に提供されます。当サイトはリンクサイトの内容に対しては一切責任を負いかねます。

第10条 当サイトの声明とそれに対する変更、更新及び最終解釈権はともに東方航空股分有限公司にあります。

第11条 本声明の発表時間:2008年12月。